« シンプルこそ魅力 | トップページ | 菓子折り持って謝りに来い! »

2017年7月19日 (水)

軽貨物車ですから

軽貨物車は様々な面で安上がりなので魅力的…ってのは、前回書きました。

まぁ何と言っても、ハイゼットカーゴさんの場合、最もハイグレードなのを選んでも新車で税込150万円を切る程度の価格なのですから、軽自動車の中では安いですよねー。

とは言え、気軽に買える価格ではありませんがね。車を買うのは一大決心なのは間違いありません。

魅力たっぷりな半面、当然自家用使用となるとデメリットもあります。そりゃそうです。あくまでも荷物を積むことに重点が置いてある「貨物」なわけですから…。

デメリット①…内外装ともに見た目はやっぱり軽貨物車

前回書いたとおり、僕はシンプルこそ魅力であると感じているものの、一般の人からすれば、軽貨物車と言う実用性重視路線から来る、内外装がシンプルすぎるってのもデメリットの1つであり、経済的には有利であるはずの軽貨物車の自家用使用ってのが一定数以上増加しない理由の1つはココかと…。

デメリットその②…イージーじゃないスライドドア

後部座席の乗り降りに便利な両側スライドドアですが、イージークローズなどと言う軽くドアをスライドするだけで自動で閉めてくれたりする機能はありません。もちろんスライドドアのレール部分もしっかりむき出し状態です。

デメリットその③…ハイグレードでも無塗装のパーツ

あまり気にしない人もいそうですが、前のドアとスライドドアのドアハンドルは無塗装の黒です。メッキパーツを付けるか自分で塗装するか…です。ボディーを何色にしようと、バックドア以外のドアハンドルは無条件で黒色となります。

デメリットその④…最大積載量の記載が必須

街中を走る車をよく見ると、リアのメーカーや車名のエンブレムやワイパーを取り外し、穴までふさいでのっぺらぼう状態にしている人がいますが、軽貨物車を含む貨物車はそれが法的にできません。

大型のトラックだろうと普通車のライトバンだろうと軽貨物車だろうと、車両後面にキログラム表記で最大積載量を表示することが法律で決められています。

僕はそこまでカスタマイズするつもりもない上、もともと貨物車が好きに人なので気になりませんが、どんなに軽乗用車ヅラしても、ナンバープレートと最大積載量表示で、軽貨物車だとバレます。

デメリットその⑤…全くもって不動の後部座席

内装の最大のデメリットは何と言っても後部座席。ハイグレードを選択すれば左右分割の軽乗用車みたいなリアシートにはなるものの、前後にスライドしたり、背もたれを調整したりはできません。背もたれは立てておくか、後ろに倒してしまうか、荷室を広げるために前に倒してシート自体を格納するかの3パターン。

さらに、普通車にしろ軽自動車にしろ貨物車と言うのは、後部座席の面積より荷室の面積が上回らないといけない決まりがあるので、後部座席の足元が若干窮屈。僕は短足ですからほぼ影響ないでしょうが、足の長い方は座面の低さと足元の手狭感が影響して、長時間の乗車はキツいかもしれませんねー。

もう1つ後部座席で付け加えると、後部座席はホントに座席があるだけって感じです。後部座席用のドリンクホルダーなど付いておりません。車検証を見れば分かりますが、貨物車と言うのは2人乗りが基本。後部座席はオマケみたいなもんなんですね。

まぁ、最初の方でも書きましたが、こーゆーデメリットがあるので、軽貨物車を自家用で使用する人が増えないのでしょう。

デメリットその⑥…試乗車や展示車がディーラーですら皆無

これをデメリットと考えるかどうか迷うところですが、カタログであれこれ研究し、実際に乗られているユーザーのブログなどを読んだりはできるのですが、実際に車に触れられる機会がない…。ディーラーですら試乗車はおろか展示車すらないのが実情…。貨物車の宿命ですかねー。かと言って中古で買うつもりもないのに中古車屋さんに見るだけでお邪魔するのもね…。まぁ、普通なら実際に見てから決めるところですが、結局ウチもそれを叶えることはできませんでした。

まぁ、どんな車を選ぼうとメリットとデメリットはあるもので、自分が望む理想の車なんてのはそうそうないわけで…。あとはデメリットをどこまで妥協するか…ですねー。

さて、そろそろ納車日が決まってもいい頃なのですが、まだ連絡が来ませんねー。

何回かに分けて書いてきましたが、文章ばかりで面白くないですなぁ。納車になったら写真付きで解説したいですね…。このグレードでこんなオプションを付けてみましたって書きたいのですが、それは納車になってから…かなぁ。

|

« シンプルこそ魅力 | トップページ | 菓子折り持って謝りに来い! »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シンプルこそ魅力 | トップページ | 菓子折り持って謝りに来い! »