« 4月からのNHK | トップページ | 足並み揃わず »

2016年3月 1日 (火)

0.001%って…

マイナス金利政策ってのが始まりましたねー。

預金の金利がマイナスになるってんだから、ビックリポンですねー。

でも、金利がマイナスになるのは、日本銀行に開設してあるあちらこちらの銀行の預金口座の残高に対してです。なので、今のところ一般の人の預金が目減りすることはありません。

一般的に、普通預金の利息は年0.02%ってのが多かったですよねー。めちゃくちゃ単純な話をすると、銀行の自分の普通預金口座に10万円の残高があって、1年間動かなさないでおくと20円の利息が付くってことです。

まぁ、単純な書き方しかしてませんので、そこに税金がかかったり、銀行の利息計算期間などなどの話は割愛しますよ。

使わないお金はタンスに入れておくより、銀行の口座に入金しておいた方が得と言うことです。もちろん安全性も高いですね。

でも、マイナス金利政策が始まった途端、普通預金金利を年0.001%に引き下げる銀行が多くなっています。

10万円を1年間預金しておいても、1円しか利息が付かないってことです。うまい棒2本分の利息だったのが1円切手くらいしか買えなくなる計算ですねー。

預金利息の引き下げは当然と言えば当然の措置なんでしょうが、年0.001%ってのは悲しすぎる水準ですねー。

こうなったら、先はどうなるか分からないけれど、しばらく使わないことが確定しているお金は定期預金に変えようかねー。今までは普通預金も定期預金もそれほど利息の差がなかったので、ほとんど気にせずに普通預金に預金してきたのでねー。

普通預金利息が年0.001%でも、定期預金は年0.01~0.025%くらいですから、定期預金にした方がまだマシってところでしょうか。

まぁ、定期預金利息もどんどん下がっていく可能性はありますが…。

別に利息の収入で暮らしているとかではないし、大した預金額でもないですが、銀行に預金しておいても利息がつかないってのは、あんまり面白くないですよねー。

何度も言うようですが、仕方ないのでしょうが、年0.001%って悲しすぎる水準よねbearing

|

« 4月からのNHK | トップページ | 足並み揃わず »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4月からのNHK | トップページ | 足並み揃わず »