« 2016年1月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月 8日 (火)

添加と点火

添加、点火、天下、転化、転嫁…。

一言で“てんか”と言っても、これだけの言葉が出てきますねー。同じ読みでも意味は違う、「同音異義語」ってやつですねー。

日本語って難しいですねー。改めて考えると、よくもまぁこんなに難しい言葉を遣っているものだと思います。

経理が仕事の僕なので、仕事がら請求書とにらめっこするような日々なわけですが、先日、会社の公用車と言いますか、社用で外出するときにみんなが乗る車の燃料の請求書を見ていたところ、普段金額が入っていない「その他」と言う欄に金額が入っていました。

請求書の伝票処理をした本人は気にせず、全部燃料費として処理してきましたが…、

その他って何だよsweat02

と思い、担当者に聞いたところ、そこに金額が入っていることも気づかず、単に請求額を燃料費として処理していた様子…。

その他じゃ処理しようがないから、電話して確認してくださいcoldsweats01

と指示しました。

しばらくして返事が来たのか…、

燃料タンクに“てんか”剤を注入した、とのことでしたhappy02

と報告してきました。

まぁ、ある程度車に興味があれば、ここで言う“てんか”剤が、“添加”剤だと分かるわけですが、その人は理解できてないようでした。

“てんか”剤って、火をつける“点火”ですか?

いやいや、加える方の“添加”だよー。燃焼効率を上げるとかエンジン内のすすを取り除くとかね、効果はそれぞれだけどねーflair

と説明しておきました。

車に興味がないとそんなものなのかねー。

ってか、点火剤だったら、そんな危ないものをタンクの中になんか入れられないよねーbombimpact

| | コメント (0)

2016年3月 3日 (木)

足並み揃わず

福島県内のJA(農協)が大規模合併して、2016年3月に4つに再編される。

今回誕生したのは、JAふくしま未来、JA福島さくら、JA会津みどり、JA夢みなみの4JA。

そんなニュースがいつぞやか流れて迎えた3月…。大きい新聞記事が載ったものの、よく見ると4つじゃなくて4つのうちの1つの一部地域が点線でくくられていました。

どういうことなのだろうと記事を読んだところ、あるJAが合併しなかったとのことでした。

福島県の南の方、須賀川市、岩瀬郡、石川郡、白河市、西白河郡、東白川郡にある4つのJAである、JAすかがわ岩瀬、JAしらかわ、JAあぶくま石川、JA東西しらかわが合併し、「JA夢みなみ」となるはずだったものが、JA東西しらかわは合併を見送ったと言うものです。

大々的に合併することが報道されたのに、足並みが揃わないところが申し訳ないけどJAらしいと言うか…。

別に組合員でもなく農業をしているわけでもないので、外野が文句言うなって感じかもしれないけど、なんかJAらしい。

1995年なので、もうずいぶん前の話ですが、伊達郡内(当時)のJAが合併するってなった時も、いずれも当時の川俣町と飯野町のJAは、もともと地域的に福島市とのつながりが深かったためか伊達郡内の合併に入らず、さらに伊達郡内でも当時の梁川町のJAは合併を見送り、それ以外の伊達郡内のJAが合併し「JA伊達みらい」としてスタートしたと言う記憶があります。

当初合併を見送った梁川町の「JA梁川町」も、結局は2年後の1997年にJA伊達みらいに合併しましたがね。

川俣町と飯野町のJAは、JA川俣飯野として合併し、その後、福島市内のJAである「JA新ふくしま」に合併しています。(JA伊達みらいが発足した当初からJA川俣飯野だったかもしれません…、なにぶんずいぶん前のことなので…)

今回の大再編の前の大再編でも同じように足並みが揃ってなかったんですねー。

まぁ、当時はまだ僕自身が小学生から中学生くらいなので、そこまで深い関心はありませんでしたが、当時の僕でさえも、「なんだそれ」って思った記憶があります。

結束して農業の発展をしていこうと言うのが主な目的のはずのJAですが、まずJA同士の結束に難ありと思えてしまうのは僕だけでしょうか。

合併して頑張りましょうと握手している中、“ウチはちょっと…”となったら蚊帳の外…。握手してる同士は合併の道を進んでいくと…。

まぁ、一緒にすべき問題ではないと思いますが、今回合併しなかったJAってのは、地域的にも市町村合併に消極的な地域だったりしたので、なんでもかんでも合併することが良いという判断に至らなかったのかもしれませんねー。

分からなくもないけどね。

いずれは、JA東西しらかわもJA夢みなみに合併しそうですが、いつになるかは不透明ですねー。

さて、自分にとって直接的にはあまり関係のないJAの話でしたがね、なんとなく心配になったのは、「JA夢みなみ」と言う名称。他の3JAが「ふくしま(福島)」「会津」と地域名を名乗るのに対して、JAの名前だけではどこのJAか分からないような気がするのですがね。

あえて「福島(ふくしま)」を避けたとも取れますがね…。風評被害がなくなったわけではないですから…。

| | コメント (0)

2016年3月 1日 (火)

0.001%って…

マイナス金利政策ってのが始まりましたねー。

預金の金利がマイナスになるってんだから、ビックリポンですねー。

でも、金利がマイナスになるのは、日本銀行に開設してあるあちらこちらの銀行の預金口座の残高に対してです。なので、今のところ一般の人の預金が目減りすることはありません。

一般的に、普通預金の利息は年0.02%ってのが多かったですよねー。めちゃくちゃ単純な話をすると、銀行の自分の普通預金口座に10万円の残高があって、1年間動かなさないでおくと20円の利息が付くってことです。

まぁ、単純な書き方しかしてませんので、そこに税金がかかったり、銀行の利息計算期間などなどの話は割愛しますよ。

使わないお金はタンスに入れておくより、銀行の口座に入金しておいた方が得と言うことです。もちろん安全性も高いですね。

でも、マイナス金利政策が始まった途端、普通預金金利を年0.001%に引き下げる銀行が多くなっています。

10万円を1年間預金しておいても、1円しか利息が付かないってことです。うまい棒2本分の利息だったのが1円切手くらいしか買えなくなる計算ですねー。

預金利息の引き下げは当然と言えば当然の措置なんでしょうが、年0.001%ってのは悲しすぎる水準ですねー。

こうなったら、先はどうなるか分からないけれど、しばらく使わないことが確定しているお金は定期預金に変えようかねー。今までは普通預金も定期預金もそれほど利息の差がなかったので、ほとんど気にせずに普通預金に預金してきたのでねー。

普通預金利息が年0.001%でも、定期預金は年0.01~0.025%くらいですから、定期預金にした方がまだマシってところでしょうか。

まぁ、定期預金利息もどんどん下がっていく可能性はありますが…。

別に利息の収入で暮らしているとかではないし、大した預金額でもないですが、銀行に預金しておいても利息がつかないってのは、あんまり面白くないですよねー。

何度も言うようですが、仕方ないのでしょうが、年0.001%って悲しすぎる水準よねbearing

| | コメント (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年4月 »