« 文句あるなら使うな | トップページ | 過信 »

2011年4月22日 (金)

標準電波

福島県には、もはや知らない人はいないってくらいでしょうが、東京電力の原子力発電所があります。

あくまで言っておきます。

東京電力の原発です。いいですか?

あの原発は東北には電気を送ってなかったのよ。分かってますか? あれは福島県に建っていますが、東京電力のエリア、つまり関東地方を中心としたエリアの電力を作っていた原発です。

どうも、前置きをしないで「福島第一原発」としか報道されないんですよね。ちゃんと「東京電力・福島第一原子力発電所(原発)」と“東京電力”と前置きしていただきたいものです。

だから、どんどんどんどん福島のイメージが悪くなる感じがします。

まぁ、今日は原発の話じゃないので、この辺にしておきますが、福島県知事に謝罪したところで県民の怒りは収まるわけないんですよ。避難を余儀なくされている方は、まだまだ帰れない日々が続くわけです。

さて、前置きが長くなりましたが、電波時計、知ってますか?

勝手にいつの間にやら時刻を日本標準時に修正してくれる時計ですねー。腕時計や卓上の時計、壁掛けの時計から目覚まし時計まで、いろんな時計に機能がついています。

ラジオやテレビのような、電波に標準時を乗せて発射して、それを時計が受信することで、時計がくるうことなく標準時を指すわけですね。

あの電波を発射している場所もまた、福島県にあるわけですよ。

日本には2ヶ所ありましてね、

  1. 福島県の田村市都路町と双葉郡川内村の境界付近にある「おおたかどや(大鷹鳥谷)山」
  2. 佐賀県佐賀市と福岡県糸島市の境界にあるはがね「はがね(羽金)山」

この2ヶ所なんですねー。

んで、この2つからは別々な電波が出ていて、おおむね2001年以降に発売された電波時計であれば、どちらか受信しやすい方の電波をキャッチするようにできています。

しかし、福島県の送信所は、地震の後の東京電力の原発事故のせいで、避難の対象地域になり、無人になることから、ずっと電波が止まったままになっていました。

「はがね山」は九州、「はがね山」の電波をキャッチできるのは頑張って福島県と言われているので、東北地方以北では、電波時計が機能せず、一般的な時計となって動いていたことになります。

僕の腕時計も、たぶんキャッチできてなかったんだろうなー。

居間に置いてあるのも電波がキャッチできずにアンテナのマークが消えてたしねー。

その「おおたかどや山」の送信所がね、今日から電波の発射を再開したそうですよ。これで電波時計も復興ですなー。

東京電力の問題が早く収束して、地元の方が戻れる日が早く来るといいんだけどなー。あの事故さえなければ、もっと福島県の復興も早くなるんだろうけどねー。

|

« 文句あるなら使うな | トップページ | 過信 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 文句あるなら使うな | トップページ | 過信 »