« 夕方が来ると… | トップページ | 気仙沼線・歌津駅 »

2011年3月30日 (水)

異常事態だと感じる瞬間

いつまでも地震関連のことばかり書くのもアレなんですがね、まぁ、“こんなことがあったんですよ”って言う記録としてね、書こうと思います。

食べ物、飲み物、交通機関、燃料…などなど、生活するのに大事な要素についてのね、需要と供給のバランスが、少しずつ元に戻ろうとしています。あくまで福島市内で暮らしてる僕個人の見解ですが…。

元に戻っていく途中であって、まだ完全ではありません。

ガソリンスタンドは、休業中のところもあるし、一般車の給油もかなりできるようになってきましたが、行列をなしてるところも多く…。

地震の後、なんだか異常事態だと異様に感じたこと。それは…、

コンビニが閉まってること24hours

だったかもしれません。

24時間年中無休、買い物だけじゃなくて、公共料金の支払いや宅配便の受け取りまで、何かと便利なコンビニがどこも閉まっている現実。

恐怖さえ覚えるほど、異常事態なんだと思い知らされた気がします。

今はね、24時間じゃなくても、開いてるお店が多くなりましたが、それでも夜は閉まってるコンビニが多い。

コンビニが閉まってて暗いだけで、こんなにも街並みが暗く見えるものなのかと、そーゆー場面を見て、怖くさえ思えました。

いかにコンビニという存在が、周辺住民の生活を潤わせ、町並みを明るく照らしていたかが実感できました。

職場から自転車で帰る途中にも、いろんなブランドのコンビニがありますが、閉まっているだけで道路まで暗いんだもんねー。

あの地震がいろいろなことを考えさせられる機会になったのは確かですが、それにしても、負った代償は大きすぎましたなー。福島県の場合は、太平洋側の地域が特にね。原発問題まで背負うことになったわけだし。

避難生活を続けていらっしゃる方よりは、普段通りの生活を送れているわけですから、あまり大きいことを言える立場ではありませんがね…。

今日も大きい余震が来ないことを祈りつつ、日暮れを迎えますな。

|

« 夕方が来ると… | トップページ | 気仙沼線・歌津駅 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夕方が来ると… | トップページ | 気仙沼線・歌津駅 »