« 春近し? | トップページ | 天てれについて »

2010年3月 2日 (火)

過大なのは悪くないんじゃ

初めにお知らせです。迷惑なコメントを防止する観点から、コメントの投稿には、画像認証が必要となりましたので、ご迷惑をおかけしますが、ご協力をお願いしますconfidentペコリンコ

↓ここから本題。

日曜日は、日本列島に津波がやってくるかもーってことでね、NHKさんではずっとニュースをやってましたねー。

実際、津波はやって来ましてね、場所によっては道路なんかが浸水の被害を受けたりもしたようですよねー。

しかしながら、人的被害はなかったわけで…。

それは気象庁が、あそこまでキッチリと津波に関する警報や注意報を出したから…そしてそれを色々な方法で国民に知らせたから…ってのもあるでしょうねー。

今回の警報で、津波警報を上回る「大津波警報」もあることも知ったしねー。

昨日のこと。

気象庁では会見を開いて、次のことを謝罪したそうです。

  1. 津波の予測が過大であったこと
  2. 警報・注意報が長引いたこと

最高3メートルを超す津波が来る可能性がある…と言うのが「大津波警報」の根拠らしいですが、実際の津波は1.2メートルが最大であったことからすれば、過大と言えば過大…かもしれないですがね、

でも、過大なくらいの警報でよかったのでは?

と僕は思います。

だって、そんなに高い津波は来ないって言っておいて、高い津波が来たら、人的被害が出る可能性が格段に高くなるもんねー。

そーゆー、マイナス要因の警報は、多少大きく見積もっていいんじゃないの? 僕はそう思います。

確かに大津波なんて言われたら、心配にもなるけどさー、その警報を持って避難してさ、津波の被害がなければ、それはそれでOKでしょー。

いやー、来なくてよかったわーcoldsweats01

で済む話ですよ。

津波が来て、家屋に被害が出ても、避難していれば、

いやー、避難しててよかったーsad

ってもんだろうし。

小さく見積もって津波が大きくて被害が出たら、予想が甘いと叩かれるのは目に見えています。

津波は来たけど人的被害が出なかったのは、津波自体がそんなに大きいものではなかったのも原因ですが、何より過去のデータや、近隣国からのデータからシュミレーションして出た結果を、警報と言う形でしっかり伝えた気象庁の仕事も間違いではなかったからではないですかねー。

そもそも自然の力なんだから、予想なんてのはゼロではない可能性でしかないんですよ。

こーゆー警報は最低限じゃ困るものー。多少過大な予測だって、ある程度は許されていいと思いますがねー。

|

« 春近し? | トップページ | 天てれについて »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この件は気象庁が謝ったこと自体が誤りだったと思います。
地震の規模、過去の地震と照らし合わせての予想では大きな津波が来るだろうということになったわけですから…
今日では何でも苦情にしてしまう人たちがいるから謝罪会見を…ってなったのではないか?とかって変に勘繰ったりしちゃいます。
それよりも第一波を見て甘い判断をして帰った避難住民の判断の方が誤りかと…
久慈市の17時頃の10数分の潮位の変化を見たときには背筋がゾゾッとしたものです。

投稿: 41K | 2010年3月 4日 (木) 12時23分

>41Kさん

その通りですねー。
気象庁は謝罪する必要はなかったと思うんですよねー。
過小な予測して被害出たら、ただじゃ済まないし。

僕もNHKさんを見てましたけど、
あの津波の潮位の変化は、見てて怖くなりました。

冠水したところもありましたが、
人的な被害がなかったのは幸いでしたよねー。

投稿: yngw-1621 | 2010年3月 4日 (木) 15時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春近し? | トップページ | 天てれについて »