« 天てれについて | トップページ | どーでもいい話 »

2010年3月 4日 (木)

毎回毎回いいトコロで…

今ねー、福島では平日の昼下がりに、「宮廷女官 チャングムの誓い」が放送されています。

もともとNHKで放送されていた韓国の時代劇ですねー。今はいち民間放送での放送ですが。

NHKで放送されていた頃に、たまたま見たら面白くてねー。それが全くもって途中から見たもんだから、なかなか設定や時代背景がつかめなかったものでね、せっかくの機会なので、録画して見ています。

福島ではね、いろいろ事情があるのでしょうが、“平日の昼下がり”とは言え、水曜~金曜の週3日間だけの放送だったりします。

そんなもんで、金曜日の放送が終わってしまうと、次の水曜日まで待ち遠しくてねー(笑)

朝鮮半島の歴史の専門家から言わせれば、フィクション性があまりに強くて、実際には歴史上ありえない部分も多々ある…pout

なんて言ってる人もいるようですが、あくまでドラマですから。そこまで真実だけを描く必要もないし、そんなことをイチイチ批判するのもつまらん話ですgawksweat02sweat02

このドラマ、簡単に言うと、朝鮮王朝の宮廷の中で働く人々を女性(女官)の目線から描いたもの。

最初は聴いたことのない役職名なんかについて行けなくなりそうになりそうですが、それ以上に、王や王室をそっちのけで進んでいく、権力争いや派閥争いが1つの見ものだったりするわけです。

その主人公が、チャングムと言う女官(王の料理を作る役職から最終的には医学を学んで王の主治医にまでなる)であり、タイトルの由来ですねー。

他の韓国ドラマでも言えることなんだけど、ほんっっっっっとに毎回毎回いいトコロで終わるのよねーcrying

もうね、日本のドラマなんかよりタイミングは絶妙ですねー(笑)

おいおいお~い!!
そこで終わるのかよーbearingsweat01

ってねー。

もう、そんな終わり方を金曜日にされたら、水曜日が待ち遠しいじゃねーかーってねー(笑)

何ならDVD借りてこようかなーってくらいなのよ…。

今日も明日も、帰ったらチャングムですな。

しかし、冬のソナタには全く興味のなかった僕が、なんでココで韓国ドラマを見るようになっちゃったのやら…sweat01

見始めると次も気になる…、そんな魅力がある編集がされてるとかねー。実は人間の心理に働きかける続き方なのかも。んなワケないかsweat01

|

« 天てれについて | トップページ | どーでもいい話 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天てれについて | トップページ | どーでもいい話 »