« それが仕事じゃないの? | トップページ | 大事な預かり物 »

2009年11月28日 (土)

スズメの涙の努力

スズメの涙chick(←これはヒヨコかなsweat02)。

まぁ、それをやったからと言って、効果はさほど大きくない…なんて場合に遣う言葉ですねー。

でもね、この不景気な時代、スズメの涙の効果でも、節約できるものは節約しないと、生活が破たんしてしまう危険があるわけで…。

先日、友達と公営の温泉施設に行ってきましたspa

そこそこの値段で、温泉に入れるし、特に時間制限もないので、友達と遊ぶとよく寄るのです。

一応はね、“公社”なんつって会社のように営業してますが、規模もそこそこ大きくてねー、この値段じゃぁ、維持管理には税金が回されてるんだろうなーなんてことは、一目瞭然と言ったところなのです。

一般的に、スーパー銭湯でも、こーゆー公営の温泉施設にしても、浴場にはリンスインシャンプーとボディソープくらいは揃っているものです。

この施設も例外ではなくて、しっかりと洗い場には装備されています。

スーパー銭湯のように、来てくれたお客さんの利用料で儲けまで出さないといけないような場合、浴場に用意されてるシャンプーなんかは、いかにも“業務用”と言わんばかりの、ドコのメーカーのかも分からないものだったりします。

ですがね、僕がよく利用しているこの施設なんかは、さすが公営の施設です。

しっかりと、某トイレタリー製品の大手メーカー品が置いてあります…。

一般的に考えれば、

んなもん、自分で持ってこいdespair

って言いたいものだよねー、シャンプーだの石鹸だのってのは。

だから、スーパー銭湯なんかは、“いかにも”なものが置いてあるんだろうし。サービスで置いておくって考えがあれば、出来るだけケチりたい部分だもんねー。

けど、やっぱり公営のトコロってのは、そーゆー考えがないんだろうねー。

利用する立場からすればね、いい製品なのはありがたいけど、考え方を変えれば、経費を圧縮できる部分で、それを実行してないってことだもんねー。

財政難だと、どーにかして税金を取ろうとする前に、今何かと騒いでいる“仕分け”のように、これは減らせる、これはこれ以上減らせないって、見直しをすれば、いくらでも歳出を抑えられると思うんですがねー。

僕らは、苦しい生活を少しでも潤そうと、スズメの涙でも出費を抑えてるワケなんだから、行政だって、スズメの涙の部分から見直さないと、財政なんていつまでたっても、潤わないと思いますなpout

|

« それが仕事じゃないの? | トップページ | 大事な預かり物 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« それが仕事じゃないの? | トップページ | 大事な預かり物 »