« クマのコーヒー | トップページ | 今までのがいいかな »

2009年10月 5日 (月)

一応、民営化なので…

言葉づかいとは違ってくるのかもしれませんが、僕がちょっと違うんじゃないの? って思うのは、

官製はがきpostoffice

と言う言葉…。

以前はよく、懸賞やテレビなんかのプレゼントコーナーには、必ずと言っていいほどの確率で出てきた単語です。

つい数年前までは、郵便の事業は国が行っていたものでした。“官製はがき”ってのは、言葉の通り、国の機関が作って販売するはがきですね。切手に相当する額面も印刷されているアレです。

でも、今は郵便は民間の会社へと引き継がれています。まぁ、郵政民営化を見直すって意見もありますから、先のことは分かりませんが…。

現在、郵便にかかわる事業は、「郵便事業株式会社」が国から引き継いだ形になり、郵便事業の会社からは、「郵政はがき」の名前で発売されています。それが今まで「官製はがき」と呼ばれていたものであって、現在そのような呼び方をしていないのは明らかです。

しかし、懸賞などの応募要領の中には、いまだに「官製はがき」と言う単語がよく出てきますなー。

一応、民営化したワケだから、「官」製ではないのよねー。あくまで市販されているはがき…。そんなことで、今現在は「郵政はがき」と言う単語よりも、「市販のはがきで…」なんて表現をしているものが多いようです。

郵便事業が今後、どーなるかは分かりませんが、いまだに「官製はがき」と言う単語がそのまま使われちゃうんだから、一般的には郵便自体が身近なものである以前に、郵便と言う事業が官だろうが民だろうが、大した差がないってことの表れじゃないかねー。

国民からすれば、官でも民でもいいから、今よりサービスが落ちないようにしてもらいたいところですな。

ブログネタ: 「これはヘン」と思う言葉づかいは?参加数

|

« クマのコーヒー | トップページ | 今までのがいいかな »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クマのコーヒー | トップページ | 今までのがいいかな »