« 王子と八王子 | トップページ | 復活!完全週休2日制 »

2009年10月23日 (金)

交差点と交叉点

昨日は王子と八王子の話をしましてね、全然違う場所なんですよーって書きました。

今日は漢字の話。

道路と道路が交わるところを「交差点」って言いますよね。しかし、「こうさてん」と入力して変換すると…、

  1. 交差点
  2. 交叉点

と、「さ」の部分だけが違う2つの変換の結果が出てきます。

この2つ、何が違うの?

漢字を1文字ずつ崩してみると、ある疑問が生じます。

  1. 差があるものが交わる点
  2. “交”も“叉”も、合わさると言う意味の漢字

となると、道路が交わる場所のことは、「交叉点」と書いた方が正しい気がしてきました。だって、交通量の差があるかどうかは、場所によって違うわけだしねー。

日本語と言うものは難しいもので、調べているうちに、

「交叉」を「交差」に書き換えたから

と言う結果にたどり着きました。

本来の意味合いからしたら、「交叉」が正しいのに、「交差」と書き換えることにした…、と言うのです。

どうしてなのかと調べてみると、「叉」と言う漢字が当用漢字に含まれなかったから…なんだってー。

当用漢字と言うのは、使用頻度の高い漢字を「これが正しい使い方です」と、内閣が昭和21年に定めたものなんだそうです。

その中に「叉」が含まれなかったので、当たりさわりなく「差」に書き換えることにした…んだそうです。

「そうごう」のことを「総合」じゃなくて、「綜合」と書く場合があるのも、↑の書き換えのせいなんだってー。ホントは「綜合」が正しいらしい。

日本語って難しいねー。奥が深い。

ただし、「訣」と言う漢字が当用漢字に入らなかったので、「訣別」は「決別」と書くことにしました。しかし! 「秘訣」は「秘“決”」には書き換えてダメ…なんて例外もあるんだってー。

日本語って難しい。

よく、こんな言葉使ってるよねーって思っちゃうねー(笑)

今日は、何とも難しい話になってしまいました。失礼いたしました…。ここまで読んだ人、よくここまで読んでくれました。どうもでした…(笑)

|

« 王子と八王子 | トップページ | 復活!完全週休2日制 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 王子と八王子 | トップページ | 復活!完全週休2日制 »