« 何か忘れているような | トップページ | えっ!?マジっ!! »

2009年10月30日 (金)

借りたものは返すのが道理

学校へ通うのに、「奨学金」を利用している人はかなり多いと思います。僕は利用したことがないのですが、僕のまわりにも、けっこういたりします。

今まで縁がなかったので、「奨学金ってなんなの?」と思っていたのですが、ようはある一定の条件を満たしている人に対して、学費なんかを貸してくれる制度なんだそうですねー。

奨学金を出してくれる機関によってのようですが、条件さえ整っていれば無利子で借りられる場合もあるそうで…。

便利な制度なんだと納得していた今日この頃。

大阪の奨学金の機関で、奨学金を返還しない人に対して、給与差し押さえ等の強制執行を裁判所に申し立てたんだそうです。

新聞の記事によれば、申し立てられたのは9人だそうですが、特別な事情もないのに返済をしていないんだそうですねー。

ちゃんと収入があって、奨学金の返済もできるはずなのに返していない…。

返済するだけの収入がないってんなら、そこまでの法的手段にならなかったんでしょうが、返せる状況にあるのに返さない…。

いろんな意見があるでしょうが、僕からしたら、

当然の措置なんじゃない?annoy

って思うんだけど。

その返済してない人に、どんな事情があるのかは分かりません。そこまで知りたいとも思わないし。ただ、記事によれば、「返済能力があるのに返済してない」と判断されてるわけだから、差し押さえられても仕方ないんじゃない? って感じ。

「奨学金」なんて、支給されて当然みたいな名称ですが、ようは公的に認められた「借金」だよ。利息や返済の期間が、一般的な「金融」より優遇されてるってだけだよねー。

奨学金だって借りたもの。であれば、

借りたものは返すdanger

ってのが道理ってもんでしょ。

世の中にはね、保護者の収入が、奨学金が利用できないギリギリのラインのせいで、奨学金を利用できずに苦労した人だって相当いるはず。

そんな中で奨学金を利用して、学校に通って卒業して、仕事して給料もらって、それで本当に終わりなの?

もらった給料から、借りた分を返そうって思わないのかね?

返せるほどの余裕がないと言うなら、どーしてそれをしっかり主張しないのかね?

返すべきものを返さない。返せないなら返せないなりの手続きをしない。

そりゃ、訴えられても文句言えないんじゃない?

借りた奨学金を返すと、また次の世代の人の奨学金の原資になるってことらしいじゃないの。

なおさら返さないなんて許しがたいよね。

まぁ、申し立てを受けて、実際どんな手段が取られるのかは分かりませんが、借りたものは返すくらいの常識は持ってほしいものです。

|

« 何か忘れているような | トップページ | えっ!?マジっ!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 何か忘れているような | トップページ | えっ!?マジっ!! »