« それって大人向け… | トップページ | お風呂でも節約… »

2009年2月 3日 (火)

何それ~

現役力士がまたまた逮捕…。

「またかい…」と言うよりは、「相撲界はどーなってるんだ!?」って思いですねー。

逮捕容疑が“大麻取締法違反”ってねー、せっかく朝青龍が“復活優勝”なんつって、相撲界を盛り上げたって、こうもマイナス要因が出てきたのでは、呆れるどころか、大して興味がなくても怒りがこみ上げてきますねー。

今回逮捕されたのは「若麒麟」。「若の鵬」に続く、2人目の大麻取締法違反での逮捕です。

不祥事を起こした力士をどう処分するかを決めるのは、日本相撲協会の理事会なんだそうで、重い処分として「解雇」「除名処分」があるんだそうです。

「解雇」も「除名処分」も、一般的な会社の「懲戒解雇」にあたるワケですが、何が違うのか…。僕はね、この違いを新聞の記事で読んでね、“両国の常識は世間の非常識”とはよく言ったものだと感心しましたよ。

力士と言うのは、ようは相撲を取ることが仕事。それが仕事ということは、一般的な会社で言うところの“退職金”と同じように、「養老金」と言うのがあるそうで…。

つまりは、一定の基準を満たしている力士が現役を引退すれば、“退職”にあたるので、養老金が支払われると言う事なんだそうです。

さて、話を戻して、解雇と除名処分の違い、これは、処分を受けた力士が、養老金を受け取ることが出来るか否かの違いなんだって~。

日本相撲協会での場合…、

「解雇」であれば、処分された力士が養老金の請求をすれば、相撲協会は養老金を支払わなくてはならない…。

「除名処分」であれば、処分された力士は、養老金の請求権もはく奪される。相撲協会は養老金の支払いはしない…。

って感じなんだそうです。

「解雇」であれば、どのような極悪な不祥事を起こしたとしても、処分された力士が養老金を請求すれば、受け取れるってことになる…。

何、その仕組み~。変なの~gawk

ではココ最近、大麻所持だの、暴行事件だので処分された力士達はどーだったのか…。

時津風部屋の暴行事件や、大麻所持、ドーピング検査での大麻陽性反応が出た…などの一連の不祥事で、8人の力士が処分されました。

この8人、いずれも「解雇」なのです。

ってことはさぁ、養老金の請求をして、養老金を受け取った人もいるはずだよねー。新聞の記事によれば、若の鵬は“養老金ほか”で520万円ほど受け取ったようです。

相撲協会の歴史上で、除名処分になった力士はいなんだってー。相撲界の不祥事に対する考え方が、甘ちゃんである証拠だねー。

「解雇!解雇!」と報道されるからさー、一般的に考えれば、退職金を受け取る資格もはく奪する「懲戒解雇」のことだと思っちゃうよねぇ~。

まぁ、相撲協会では、解雇でも養老金を支払わないような規定の改定を行うとしているようですが、対応の遅れも否めませんねぇー。

両国の常識は世間の非常識annoy

一般的な見地からしたら、疑問だらけの世界なんだ…と改めて思う機会でしたなぁ。

|

« それって大人向け… | トップページ | お風呂でも節約… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

甘過ぎです。
大相撲の人気が落ちるのも無理はないでしょう。
自分の首を自分で絞めてるようなもの。
優勝してガッツポーズをした人をどうこう言ってる場合ではないですね…

投稿: 41K | 2009年2月 3日 (火) 19時04分

>41Kさん

2度あることは3度ある…と言いますからねー、
また逮捕される人が出てくるかも
しれないですな。

処分の規定を改定するより、
相撲界のヘンで世間とは逸脱した流れを
何とかすることが大事だと思いますがねー。

投稿: yngw-1621 | 2009年2月 4日 (水) 08時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« それって大人向け… | トップページ | お風呂でも節約… »