« 書いてあるがな… | トップページ | 寒さ対策のはなし »

2008年12月 6日 (土)

思いがけない効果なのね

今年の12月29日、NHK教育テレビは午前中、お休みするそうです。深夜のように砂嵐の画面になるってことでしょーなー。

この日の教育テレビの放送時間は、お昼12時30分から夜21時30分までの9時間だけなんだってー。“節電”と“環境対策”のためなんだとか…。

一般的な放送局のように、テレビだけとか、ラジオだけみたいな局ならね、電波を飛ばさないんだから節約になるって気がするけど、NHKみたいにテレビもラジオもやってる局が、どれか1つ放送しないだけで、そんなに効果あるの? と疑問になってしまいました。

NHKの試算によれば、教育テレビの平常の月曜日の放送時間(午前5時~翌日午前2時50分)との比較で、電力は1万7千キロワット、二酸化炭素排出量を約9.4トンを抑制できるんだとか…。

「効果あるのかよ…」

と思ってたら、思いのほか効果がある感じですなぁ。

でも、紅白歌合戦とかで、派手な演出したり、ドコかの大物歌手が、「装置」とも言うべき衣装を着てたらプラマイゼロに思えちゃうのは僕だけ…?

|

« 書いてあるがな… | トップページ | 寒さ対策のはなし »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/230231/25924271

この記事へのトラックバック一覧です: 思いがけない効果なのね:

« 書いてあるがな… | トップページ | 寒さ対策のはなし »