« 投票用紙 | トップページ | もはや一種の病気 »

2007年7月30日 (月)

NHKだからなせるワザ

教育テレビの火曜日19時からは、海外ドラマの枠になっています。7月31日までは「フルハウス」、8月21日からは「ドクター・フー」というドラマになります。

しかしながら、フルハウスはまだ完結しません。全8シーズンのうち、“第5シーズン”でいったん終了してしまうんですね。なんでこんな編成になったのか、NHKにメールをしてみました。

そのまま転載するのもアレなので、要所を書き出してみると…。

①BS2で22時台に放送したところ、“もっと早い時間でもう1度見たい”との意見が多かったため。

②25分サイズばかりでなく、教育テレビでも50分サイズのドラマを放送し、小中学生に見てもらいたい。

③フルハウスは4回目の放送となることから、枠を新設せず、番組を入れ替えた。

このような内容で返信を頂きました。

①と②はともかく、③みたいなやり方ってのは、NHKならではの措置ですね。でも、毎回見てる視聴者からすけば、納得いく措置だったとは思えません。

以前、「カードキャプターさくら」の再放送のときも、こんな具合に途中からの分を、後回しにしたときがありましたな。

フルハウスの今後の放送については、検討中だそうで、放送が続けられるのかも不明な状態。でも、4月の改編の頃から、ドクター・フーの放送は決まってたみたいだから仕方ないか…。ここまで見たんだから最後までやってほしいものですなぁ。

|

« 投票用紙 | トップページ | もはや一種の病気 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/230231/7325671

この記事へのトラックバック一覧です: NHKだからなせるワザ:

« 投票用紙 | トップページ | もはや一種の病気 »